AD/HD,ADDの考え方の基本

 世界保健機関(WHO)が作成している診断のガイドライン(ICD-10)によりますと「多動性障害」という項目についての基本的な考え方は以下のようなものです。アメリカ精神医学会のDSMでも基本的に同じ考え方です。


1.調節がうまくいかない多動。(活動の障害)

2.著しい不注意と課題の遂行困難。(注意の障害)


そして、こういった状態が子供の時から目立っていて、その後も持続したものです。


 ちなみに、このICD-10ではAD/HD,ADDという名称ではなく、「多動性障害」になっていて、多動が少ない不注意優勢型もこのなかに含まれています。

 また、不注意優勢型でも、一見多動がないようにみえても、実は、若干なりとも多動が混在していることが多いと思います。