注意欠損・多動障害(AD/HD)について

 当院では、成人期のADHD, ADDの診断と治療を行っています。

 子供の頃から成人に至るまで、「不注意」、「ミス」、「忘れ物」、「約束が守れない」、「勉強など課題を最後までやり通せない」、「整理が苦手」などが目立つ場合には注意障害(ADD)の可能性が考えられます。じっとしているのが苦手、落ち着かずあれこれ他のことをすぐに考えてしまうなどの多動傾向が伴う場合には注意欠損・多動性障害(AD/HD)と呼ばれます。多動性よりも不注意が目立つ場合のほうが多いです。つまりAD/HDよりもADDのほうが多いです。

 当院では、ADHD, ADDを慎重に診断しており、幾つかのアンケート形式のテストや心理テストを複合的に組み合わせて、多面的に検討をします。典型的なものでしたら1週間位で診断がつきますが、軽度やグレーゾーンの場合には、診断までには数週間の時間がかかる場合も少なくありません。

 



注意欠陥・多動障害(AD/HD)の治療について

 診断がつきましたら、どのように対応するのかについて話し合っていきます。欠点を補いつつ、長所を伸ばしていくのが原則です。そのために、いろいろと工夫をしていく事も大切です。根気強い対応が必要になります。職業適性検査を行うこともあります。

 また、必要性と希望に応じては内服薬による治療という選択肢もあります。内服療法としては現在は、脳内のノルアドレナリンという神経伝達物質を増やすのを助ける作用のあるストラテラという内服薬あります。これは内服し続けることによって次第に落ち着いて物事に取り組めるようになってきます。またドパミンという神経伝達物質を調整するコンサータという内服薬もあります。こちらは必要な日だけ朝に内服するタイプです。

 注意の障害のために、職場でミスをしたりすることが目立ち、そのため叱責されたり、自信を喪失しがちになります。場合によってはうつ病になったり、人前で話すときに極度に緊張する社会不安障害になったりする事があります。そのような場合には、うつ病の治療、社会不安障害の治療も必要になることもありますが、大抵は注意障害のほうをメインに治療したほうが全体が改善しやすいです。

 お困りの方は、まずはお気軽にご相談して頂いて、診断を受けてみて下さい。


ADHDをわかりやすく動画で解説したものです。

 標準的な内容であり、参考になります。最初の3つがわかりやすいです。