「平成の終わりに-天岩戸の神隠れ」

 名残惜しくも平成が終わりになり、まもなく新たに令和になります。

 

 平成の終わりに因んでこの絵を描きました。

 

 ここでは天皇の正統性をしめす三種の神器(鏡、勾玉、剣)も描かれています。手前の女性は名残を惜しみ、奥の人は前を見つめます。そして背景には、「天岩戸(あまいわと)の神隠れ」という伝承にちなんで洞窟が描かれています。天照大神(あまてらすおおみかみ)が真っ暗な洞窟のなかに隠れてしまい、この神がお出ましになるように、洞窟の外で皆でお祭りをしましたのでした。かくして天照大神が洞窟からお出ましになり、新たな光を発するのでした。