14日 8月 2019
31日 5月 2019
ADHDによる支障を減らし、仕事や生活のペースをつかむ方向について、まとめてみました。 ADHDにともなう自信の低下について: ADHDにて、物事を円滑に進めることに支障を来すことから、自信低下や気分の沈みを来しがちです。ADHDにうまく対処して、社会生活のペースがつかめるようになってくると、自信低下や気分の沈みも減ってきます。...
14日 5月 2019
22日 4月 2019
 名残惜しくも平成が終わりになり、まもなく新たに令和になります。  それに因んでこの絵を描きました。...
23日 2月 2019
精神分析では、沈黙が重要になってきます。沈黙という余白には、いろいろな要素があります。空虚でありながらも豊かなものです。ときに空虚の側に傾くこともあれば、豊かなものとして実感されることもあります。おそらく、その双方を行き来しているのだと思われます。そうしながらも、先々に何かが生まれてくる源泉になっているようです。...
11日 2月 2019
 はじめて見て、お話を拝聴しました。  穏やかな話しぶりが、柔らかくなじみます。たいへん知的ですが、それでいて少し俗的なところもあります。オカルト的なところがあるのは愛嬌です。  30歳代の頃、私が個人スーパービジョンを受けていた先生から小倉清先生を賞賛する話を何度か聞いたことがありました。また機会があれば是非お話を伺いたいものです。...
17日 8月 2018
 この種の統計調査は海外ではよく行われているようですが、わが国ではあまりありません。  2005年のわが国で初めて成人におけるうつ病の総費用つまりその経済的な損失について統計的に研究され、その結果およそ年間2兆円として推定されました。現在でもこの数字で語られたりします。...
17日 8月 2018
 冬季にうつ状態になりやすいうつ病を「季節性うつ病」と呼びます。これは日照時間が短くなることが主な原因ではないかと考えられています。とくに北欧、カナダなどで、日照時間が短い地域に比較的多いとされています。日本でも時々見られることがあります。そのような場合には、高照度光照射療法(光療法)の有効性がかなり明瞭に認められています。季節性でないうつ病にも効果があるかもしれませんが、統計的にはいい結果は出ていないようです。  照射時間は1日1,2時間です。この器具はネットでもいろいろな種類が販売されています。  ちなみに、睡眠時間がだんだんに後ろにずれ込んでいく「睡眠位相後退症候群」にも効果があるとされています。 興味がある方は文科省のサイトも参照してください。
03日 8月 2018
日本うつ病学会の講演会です。うつ病と栄養の関係についてです。演者は功刀浩(くぬぎひろし)先生です。とても堅実なタイプの先生のようです。  この講演でも、統計結果を比較検討しながらです。...
03日 8月 2018
 日本うつ病学会に参加しました。  うつ病を巡って、テーマは多彩でした。比較的マイナーなテーマですと、栄養(とくに印象的なのはDHA,EAPつまり魚の油の効果です)、光療法(季節性うつ病に効果的)、TMS(磁気療法)などがありました。...

さらに表示する